読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

蒐める人―情熱と執着のゆくえ

蒐める人―情熱と執着のゆくえ

蒐める人―情熱と執着のゆくえ

作家
南陀楼綾繁
金井真紀
出版社
皓星社
発売日
2018-08-01
ISBN
9784774406589
amazonで購入する

蒐める人―情熱と執着のゆくえ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

古本を中心にして、編集・制作サイドの人々にも話を聞いたインタビュー集。乱歩の「貼雑年譜」の復刻が、きちんと採算を考えて進められたことに爽やかさを感じる。古本界70年、有名作家とも知り合いだった八木氏の思い出話が貴重。古本を集める執念の記録は多いが、手放すことや、後の世代に渡していく考えが1冊全体を流れていることには、ひとつの突き抜けた感覚がある。

2019/03/21

Susumu Kobayashi

編者を含めて8名のインタヴューと、巻末に編者と都築響一との対談が収録されている。古本界の重鎮八木福次郎のインタヴューは貴重。古書日月堂店主のインタヴューも面白かった。しかし、なんといっても帯の「自分がやらなきゃ、誰がやる?」という言葉が圧巻。そう、何でもそう思って、勝手に自分で使命感を持ってやったら、たいていのことは成し遂げられるのではないかと、今では思っている。

2021/07/24

qoop

著者曰く〈愛憎入り交じった本との因縁を引きずって生きている人たち〉へのインタビュー集とのことだが、一読して頷ける内容だった。確固たる自分の価値観に基づいた蒐集、復刻、販売など、世評にとらわれない趣味の形/仕事ぶりはまさしく当人の生き様そのもの。そのこじらせぶりは清々しさを覚えるレベル。僕程度は蒐める必要などない、いっそのこと整理しようと思わせられた。

2018/09/22

古本虫がさまよう

本書に出てくる古書日月堂も3・11以降一度だけ寄った。室内にいたら、余震でガタガタと揺れた。都築さんの一連のコレクション的書物も愛読はしている。 浦和の古本屋「弘文堂書店」が閉店していたことを嘆いている人がいた。そうそう、浦和のそごうだったか(?)デパートの古本市などに出かけついでに寄ったり、単独に覗いたりしていた古本屋だ。以前、寄った時、店のおばさんが、なじみ客とであろうか、「ブックオフが出来て困ってるのよ」という趣旨のボヤキをしていたかと。当時(いまも?)浦和にブックオフがあったのだろう。

2018/09/12

Lulo

職場の回覧で紹介されていたので読んでみた。 わたしは古書など買ったことないので、へぇ、そんな人もいるのかと。 中で、ただ知識を得るだけで楽しい、だから色々な方面を突き詰めるような形で読書する、という話があり、わかるわかる、と思った。 世間では、読書は尊いもののようになっていて、読書の習慣があるだけで偉いねと言われるが、読む当事者にはそういう言葉は余計だったり、むしろ不快だったりして。 読書の好み、立ち位置は人によって違っていいんだということが実感された。 最後の出版界への考察、なかなか興味深い。

2019/03/24

感想・レビューをもっと見る