読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うみぼうず (日本の民話えほん)

うみぼうず (日本の民話えほん)

うみぼうず (日本の民話えほん)

作家
岩崎京子
村上 豊
出版社
教育画劇
発売日
2000-04-01
ISBN
9784774604619
amazonで購入する

ジャンル

うみぼうず (日本の民話えほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しろくま

1年生に読み聞かせ。国語の学習で「昔ばなしを読もう」というのがあり、様々な昔ばなしや民話をそれぞれ読んでいます。その中で読み聞かせにこの本をリクエストされました(^^;海が近い学校なので、海に対して親近感があるからかな…。なぜ表紙のように漁師が青ざめているのか…!終わりの展開があまり腑に落ちないようでしたが、子どもたちには「海坊主」は妖怪や昔はいたものとして印象に残ったみたいです。「昔、本当にいたの?」と聞かれました…(^_^;)

2019/12/04

ヒラP@ehon.gohon

別の『うみぼうず』を読んだ後なので、話が全く違う部分とうみぼうずの共通点に、不思議な新鮮味を感じました。 村上豊さんの絵ではあまり怖くないかも知れません。 お盆には漁をしてはいけないという言い伝えを守らなかった罰だというようにも思えました。

2015/04/22

いっちゃん

読み終わったら、おもしろくない!って。そうかな?絵もいいし、昔話っぽい良い味でてたけど。

2013/11/01

白い雲。。

Bさんの代理で。伝承の話なので、他のパターンもあるらしい。2歳の双子ちゃんが怖がってしまった。

2014/08/09

多読多量連投が日課

柄杓の話は幽霊バージョンも

2017/10/01

感想・レビューをもっと見る