読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こびとのくつや (絵本・グリム童話)

こびとのくつや (絵本・グリム童話)

こびとのくつや (絵本・グリム童話)

作家
荒井良二
矢川澄子
出版社
教育画劇
発売日
2001-10-01
ISBN
9784774605104
amazonで購入する

ジャンル

こびとのくつや (絵本・グリム童話) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

図書館本。定番のお話ですが、このオチはっっΣ(゚д゚lll) お互いドライな関係だと思いますが、こういうのも良いと思います。終わり良ければすべて良し。

2018/05/17

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《書店》荒井さんの絵は、やはりなごみます。こびとさんの靴私もほしいなあ。

2014/10/01

しょうゆ

古本市にて購入。可愛すぎる!!荒井良二の手にかかれば全てがカラフルでハッピーな雰囲気になってしまう。真面目で貧しい人が幸せになるという童話そのものも好き。小人にお礼をしてあげたら、小人が喜んでそのままどっか行っちゃうのが良いなあ。最後のページに年老いた靴屋夫婦が描かれてるのが何とも素敵。

2017/05/15

kr

子どものころの小さな疑問を思い出したよ。 こびとは「なぜ」靴を作るのか? なんでだろ。

2005/09/14

2020neko

☆☆☆☆☆5/学図。季節の本(しごと)展示

2008/11/10

感想・レビューをもっと見る