読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

くまごろうのだいぼうけん

くまごろうのだいぼうけん

くまごろうのだいぼうけん

作家
ブライアン ワイルドスミス
Brian Wildsmith
新井満
出版社
教育画劇
発売日
2005-04-01
ISBN
9784774606590
amazonで購入する

くまごろうのだいぼうけん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遠い日

ワイルドスミスの絵がすばらしい。ひょんなことから気球に乗って冒険するはめになったクマのくまごろう。くまごろうの思惑とは別に、あちこちで勝手に英雄扱いされて辟易。気づけば、元の場所に舞い戻っているところが、なんとも平和な物語。

2015/04/09

KAZOO

新井満さんの自由訳ということで、原文は読んだことがないのですが、絵を見て想像して訳を書かれたのかもしれないですね。特に色合いがきれいな絵本です。クマもかわいらしく書かれていて少しも怖くない感じがします。男の子が好きそうな本です。

2014/01/22

ヒラP@ehon.gohon

間違って乗り込んだ気球で空に旅立ったくまごろうくん。 たどり着いた町での活躍と人気はくまごろうくんにとっては大迷惑だったと思うのだけど、なんだかポジティブで、楽しんでいるように見えるのは何故でしょうか。 テレビにでたり、バイクに乗ったり、くまごろうくんはあくまで着ぐるみを着た誰かだと思われますし、鳴き声仕草はなんだか良いように解釈されてしまいました。 見ている方は思い切り楽しい絵本です。 めぐりめぐって元の場所にもどったくまごろうくん。 やっぱりいつもの生活が一番良いようです。 ナットク!

2012/12/05

えみりんご

絵の色彩がとてもきれいで、何度でも見返したい絵本だった。コ:くまごろうがはしごで気球に乗り移ったところがすき。

2009/06/05

わかな

次男が赤ちゃんの頃にワイルドスミスの原画展で購入した本です。気球、タクシー、オートバイ、消防車・・とたくさんののりものが出てくるのがいいのか、結構難しめの内容にも関わらず3歳台からお気に入り。忘れた頃にブームを繰り返す本です。

2009/05/09

感想・レビューをもっと見る