読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さかさのこもりくん

さかさのこもりくん

さかさのこもりくん

作家
あきやまただし
出版社
教育画劇
発売日
2006-04-01
ISBN
9784774607016
amazonで購入する

ジャンル

さかさのこもりくん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kiisuke

ずっとさかさになって暮らしてたから話すことも全部さかさになってしまう、こうもりのこもりくん。お腹がすいたら「あ〜おなかいっぱい」本当はお友達と遊びたいのに「ぜったい遊ばないでね」そんなこもりくん、どうやったらお友達と楽しく遊べるかな。子どもたちの大好きなはんたい言葉、我が家でも大好評でした。ひとりで読んでも楽しいけれど読み聞かせするとさらに良さが活かされるのではないかな^ ^

2015/06/07

ナヲ

こもりくん、かわいい♪爆笑場面もいっぱい!くまくんに気づいてもらって、一緒に遊べて最後はちゃんとさよならも出来てほんとによかったね♪もちろん、読んだ後は逆さま言葉で遊びました(*´∇`*)

2016/02/10

アクビちゃん

【図書館】こうもりの子供こもり君。いつも、さかさまだから話す事もさかさま。遊ばないでね、本当は遊んで~なのに、ねずみ君わかった~と行ってしまいます。でも、くま君さかさまを、言ってると気付いてくれて一緒に遊ぶことに♪話すとややこしいからと、遊ぶ内容が鼻くそを飛ばしたりで大爆笑(^^)読み聞かせに良いかも知れないけど、本のサイズが小さいかな?

2015/05/19

にく9

【みんなで絵本】花かっぱの秋山ただし作。こもりくんは逆さだけに、気持ちと反対のことを口にしてしまうんですよー。切ない。

2013/07/27

いっちゃん

もとに戻ったら、ちゃんと言えるんや。かわいかった。

2016/07/09

感想・レビューをもっと見る