読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きちょうめんななまけもの

きちょうめんななまけもの

きちょうめんななまけもの

作家
村上康成
ねじめ正一
出版社
教育画劇
発売日
2008-05-01
ISBN
9784774610948
amazonで購入する

きちょうめんななまけもの / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シナモン

図書館本。昼間木にへばりついてるだけのなまけもの。夜は何をしているのでしょう。実は…。運動不足を気にしたり、日記をつけたり。ほんと、きちょうめんななまけものさんでした。昼間のなまけものの姿、あれもちゃんと予習してたんだね 笑

2019/11/21

紫 綺

なまけものって陰の努力家だったんだね。人間のなまけものみたいになりたくないからって・・・。なまけものに笑われないようにしよっと(笑)。

2014/10/18

Kawai Hideki

動物園のナマケモノは、怠け者に見えて、案外、几帳面で努力家かもしれないよ?という妄想絵本。トレーニングウェアに着替えて、動物園内をランニングする姿に「ああ、俺はナマケモノにも負けてしまったなあ」と思ってしまった。あの緩慢な動きは、ナマケモノの日々たゆまぬ努力と汗の結晶かもしれないのだ。

2016/11/02

けんとまん1007

え~~~っ、そうだったのかあ~、やられたあ~。そうなんだよねえ~、真の姿を見せないのがいいんだよねえ~。能ある鷹は爪を隠すとか・・・。でも、こういう視点で考えると、そんなふうに見えてくるから、面白いもんだ。

2016/11/08

パフちゃん@かのん変更

ユーモラスな絵本。昼間はのんびりしているなまけものも夜はナマケモノと言われないように様々な努力をしているんです。子どもにウケると思います。

2013/11/02

感想・レビューをもっと見る