読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神様の子守はじめました。〈8〉 (コスミック文庫α)

神様の子守はじめました。〈8〉 (コスミック文庫α)

神様の子守はじめました。〈8〉 (コスミック文庫α)

作家
霜月りつ
出版社
コスミック出版
発売日
2018-03-01
ISBN
9784774714226
amazonで購入する Kindle版を購入する

神様の子守はじめました。〈8〉 (コスミック文庫α) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

瀧ながれ

いつものように小さなエピソードが並ぶ前半部分で、笑顔になったりほろりときたりしていたら、後半はずいぶんとハードな展開で驚いた。…そのあとお兄さんはどうしたのだろうな。気持ちがわかるだけにやるせなく、どうにか救われてほしい(つまり、再登場を期待するということか)。海水浴のエピソードがどれも楽しかったです。でも、「水着のお姉さんがいっぱい」の誘い文句で目をカッ開く玄輝くんに苦笑い。四神のなかでいちばんかわいいと思ってるんだけど、ちょっと将来が心配かなあ。

2018/04/11

椿櫂

今回も可愛くて癒される話とシリアスで手に汗握る話があって、とても面白かったです!翡翠さんのキャラ、笑えますが私は梓が好きです!神子の中では白花が好きです!

2018/03/28

へへろ~本舗

まずは翡翠落ち着け。

2018/03/26

かなっち

大好きなシリーズの第8巻です。巻数が進んでも全く面白さが変わらず、今回もハラハラドキドキして、キュンとして癒されました。特に、朱陽がさらわれたお話ではウルウルきたし、先がどうなるのかドキドキして、ページをめくる手が止まりませんでした。解決したと思ったら、すぐ違うお話になっていたので、ちょっと肩すかしな感じはあったけど、その後は次巻で読めるのかな。とはいえ、神子たちの成長と、梓の父子愛が比例して大きくなっているのが微笑ましいですね。9巻も、今からとても楽しみです。

2018/03/25

める@天邪鬼

今回は朱陽ちゃん危機一髪だったけど、何とか無事に取り戻せてひと安心ではあるけど…今後の警戒レベルが上がっちゃう一件でしたね。 それにしても、相変わらず人としての身体(器)を持つ者にも持てなくなった者にも、そして身体(器)を持つことになった者にも、四神子たちはみんなに優しい。いい子達に育ってますね。

2020/08/25

感想・レビューをもっと見る