読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神のロジック 次は誰の番ですか? (コスミック文庫 に 4-2)

神のロジック 次は誰の番ですか? (コスミック文庫 に 4-2)

神のロジック 次は誰の番ですか? (コスミック文庫 に 4-2)

作家
西澤保彦
出版社
コスミック出版
発売日
2021-06-16
ISBN
9784774762999
amazonで購入する Kindle版を購入する

神のロジック 次は誰の番ですか? (コスミック文庫 に 4-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナルピーチ

とある〈学校〉に連れて来られた“マモル”は同世代の子たちと一緒に共同生活を送っている。その目的と集められた意図は一体なんなのか。何処か違和感を感じながらも何かは分からないまま続く物語はやがて始まる惨劇の序章に過ぎなかった…。前半は彼らの推理劇を楽しみつつ読んでいたのに、後半からの畳み掛ける様な展開はまさに驚天動地。唐突に変わる世界感と見事なまでのミスリードにとにかく唖然とさせられた。その驚愕の真相に度肝を抜かれること間違いなし!西澤作品まだ2冊目だけど、やっぱり面白い!この特殊設定は見抜けないなぁ。

2021/12/06

ぴ〜る

本屋さんのオスメコーナーにあった初めての作家さんを手にとった。読み始めは何が起きるのか想像が全く付かずなかなか前に進まなかったけれど、途中から妙に引き込まれてしまった。想像していなかった展開に!結果面白かった。ずいぶん前の作品だったみたいだけれどまったく古さも感じられなかった。

2022/01/22

lucifer

陸の孤島に立つ寄宿学校に集められた子供達が、風変わりな授業を受けながら共同生活をおくる。話が進むにつれ次々と謎が増え面白く読めるものの、流石に事件が起きるまで長すぎる。が、事件が起きてからは今までの静けさが嘘のような急展開。前半の長さはこの後半を盛り上げるためなのかもしれない。ただ、真実があまりにも残酷過ぎて、謎が全てわかったからとて爽快感はない。それでも面白かった。

2021/11/03

みいやん

2003年刊行の「神のロジック 人間のマジック」の改題、再文庫化作品。エロさは皆無だが西澤さんらしい内容でおもしろかった。サブタイトルは不要かも…

2021/11/10

shi-

うわぁ、完全にやられました。 まさか、結末が…いやっ、確かに不自然におもうところはあったけど、本文中で不自然さは自然に隠されていたのにー。その自然さに完全に騙されてしまった、というかこの発想はなかった。 読み返せば紛れもないその事実がふんだんに散りばめられていることが更に悔しい。

2022/08/18

感想・レビューをもっと見る