読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あおぞら町 春子さんの冒険と推理 (コスミック文庫 し し11-1)

あおぞら町 春子さんの冒険と推理 (コスミック文庫 し し11-1)

あおぞら町 春子さんの冒険と推理 (コスミック文庫 し し11-1)

作家
柴田よしき
出版社
コスミック出版
発売日
2022-03-17
ISBN
9784774763675
amazonで購入する Kindle版を購入する

あおぞら町 春子さんの冒険と推理 (コスミック文庫 し し11-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

papako

アンソロジーで一編読んでいるみたいですが、全く記憶無し。1.5軍の捕手の妻春子さんが、日常の謎を解くんですが、なかなか重い謎です。最後はかなり前向きな雰囲気で終わります。作者はシリーズ続きそうだと書いていますが、どうなの?また春子に会える?ベイビーは?

2022/05/30

のんちゃん

春子はプロ野球二軍選手の妻。看護師だった仕事を辞めて今は夫の為、家庭経営に尽力している。その春子が暮らす青空市内で起こる日常の謎を春子が解決していく物語。柴田先生の新シリーズ。本作、ミステリー要素はもちろんの事、野球界の仕組みや春子の妻としてまた一人の人間としてのあり様が語られ、とても面白い。それに私はこの春子さん、本当に素直な素敵なお嫁さんで好感が持てる、好きなキャラクターだ。新シリーズの様相が柴田先生のあとがきから伝わってくる。家族のおかげでこの時期から野球漬けの私、ぜひ続編を読みたい!

2022/04/01

ベローチェのひととき

妻から廻ってきた本。3編からなる連作短編集。主人公の春子さんは埼玉県青空市に住むプロ野球二軍選手の妻。元看護師であったが結婚してから夫のプロ生活を支えようと専業主婦になった。日常の他愛のない出来事から謎を解いていく。警察沙汰になる展開もあり、思わず驚いてしまった。主人公の春子さんがとても感じがよかったので読後は爽やかな気分になれた。

2022/04/16

Mayrin

プロ野球選手の奥さんということで読んでみました。珍しいテーマだと思い読みました。若い夫婦にしてはしっかりしすぎているのと、1話目2話目のオチが飛躍しすぎな感じはしましたが、読みやすけて良いと思います。

2022/03/21

ドナルド@灯れ松明の火

大したエピソードでないのに前振りが長いよ。プロ野球のことを良く調べたんだなということは感じた。

2022/04/03

感想・レビューをもっと見る