読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スリーピング事故物件

スリーピング事故物件

スリーピング事故物件

作家
西澤保彦
出版社
コスミック出版
発売日
2021-07-14
ISBN
9784774792378
amazonで購入する Kindle版を購入する

スリーピング事故物件 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ままこ🌿

妄想癖ある語り手の癖ある口調でツッコミどころ満載。事故物件で奇妙なことはあるけど怖くはない。一風変わったミステリー。

2021/09/17

雪紫

帯の概要と西澤さんだけで、もはや約束された特殊設定百合ミス(と書いていつもの西澤さんと読む)。濃いキャラ達に(とりあえず蔵書の梶龍雄作品教えて)、やっぱりな百合展開(気付きましょうよ)。食べ物とお酒の楽しいディスカッションに・・・そして相変わらずのトチ狂った動機などエロ要素なしながらもいつもの西澤さんである。と言うかそっちがない分、読みやすいし話に入って行きやすい。幽霊との交信はあんまり怖くないわ、と思ってたら解決での伏線の回収され具合に(特に242ページと245ページ、結末)ゾゾゾーっとなる。

2021/10/24

pen 

ちょっと初期の西澤さんぽい。「七回死んだ男」とか「人格転移の殺人」みたいな有り得ない設定下でしっかりとロジカルな謎解きに終始する。かつて殺人が起きた事故物件に同居する3人の女性達。死者の残したワープロで死者と通信出来るというあり得ない設定から21年前の事件の真相に迫る。最近の西澤さんの官能的な描写は封印して(でも過激な発言は随所に 笑)物語が進む。探偵役の謎解きで、犯人が犯行に及ぶ際の壊れていく心理描写の身も蓋もない毒舌ぶりが懐かしく思える。不倫・不貞 くれぐれもご用心(笑)

2021/08/08

ガットウ

★★★3.6点。軽妙な文章と、ムチャなロジック!本編とは余り関係ないB級映画の話。西澤泰彦さんらしい魅力の詰まった作品でした。

2021/08/26

きあら

格安の事故物件には、部屋の中の物を動かしては行けない部屋があった。諸事情によってその部屋に住む事になった3人の女性達が、その部屋であった殺人事件を解き明かして行く。コスミック出版からの発行だけあって、軽くてポップな読み心地。そしてちょっぴりの百合要素。それでも西澤さんだけあって、バラバラだった要素がサクサク繋がっていき犯人に辿り着いた。

2021/08/17

感想・レビューをもっと見る