読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三連の殺意 (マグノリアブックス)

三連の殺意 (マグノリアブックス)

三連の殺意 (マグノリアブックス)

作家
カリン・スローター
多田桃子
出版社
オークラ出版
発売日
2016-02-25
ISBN
9784775525241
amazonで購入する Kindle版を購入する

三連の殺意 (マグノリアブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

初カリン・スローター。超有能捜査官が、異常犯罪を独自の手法で解決していくシリーズ物と勝手に予想しており、その印象が大きくずれていたと知った。ミステリとして、際立った驚きはなく、主人公であるウィルの人物像も定まらぬまま、いきなり犯人明かしの章に突入。最後にもう一捻りあるかと思ったら、何もなくストレートに終了する。ただ、主要人物たちの背景を、事件を通して、克明に浮き上がらせるのが上手く、一気に読まされてしまう。ウィル・トレントのキャラクターも、今までに見ないユニークな造形で惹かれる。しばらく追ってみる。

2019/05/26

巨峰

ウィル・トレント特別捜査官、颯爽?と登場!のシリーズ第1作。犯罪が多発するアトランタ近郊。残虐な手口で殺された40歳前後の娼婦の死体が発見される。同様の手口で襲われた10代の少女たちの事件が明らかに。被害者の年齢が違うが同一犯なのか。670ページを超える大長編。3部構成になっているが、その構成が効いている。被害者も、犯罪者も、そして捜査を担当する警察官たちも深く問題を抱えている。これはミステリというだけでなく底知れない人間ドラマを描いた小説だと思った。超お勧め、読みやすく、かなりの良作じゃないかな。

2017/11/16

future4227

ウィル・トレント特別捜査官のシリーズ1作目。全米では毎分1.3人がレイプ被害に遭っているという。そんな現実に対する作者の強い怒りが感じられる作品だった。シリーズ5作目を先に読んでしまうと、ウィルの妻アンジーがかなり最悪な女に見えるんだけど、1作目を読むとまるで印象が違うのに驚いた。もしかするとウィルよりも優秀な刑事なんじゃないか?そして二人は固い絆と深い愛情で結ばれているのに…。ちなみに15歳の男の子が同級生をレイプ殺人したのに幼児性愛者として記録されちゃうってホントかな?変な法律。

2018/04/08

ほちょこ

ウィル・トレントシリーズ1作目。この作品を読んで、初めてアンジーとの腐れ縁が理解できた。そして、単に悪妻と決めつけていた彼女の弱さと優しさに触れることができた。こうやってシリーズを戻って読むことによって、新たに登場人物の成り立ちを知り、感じることができて、私的には良い順序で読んだなぁと思えた。

2018/01/31

厚さに怯んだものの、昨日と今日で読了♪この作家さんの2作目、こちらのシリーズの主役のウィルさんが、難読症でアンジー依存症ってのは分かったものの、まだ魅力が分からなかった(^^;先に読んだ作品の彼らはいつ登場するのか?読み進めます。

2020/07/20

感想・レビューをもっと見る