読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

三国志魂 下

三国志魂 下

三国志魂 下

作家
荒川弘
杜康潤
出版社
光栄
発売日
2012-03-28
ISBN
9784775808214
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「鋼の錬金術士」の荒川弘、「孔明のヨメ。」の杜康潤が完全書きおろし! 大の三国志ファンであるふたりが語り尽くすトーク、そして荒川弘が描く4コマで、『演義』全120回の魅力をすべて紹介! おもしろくてためになる究極の「三国志」本!! 下巻は「赤壁その後」から「晋の天下統一」まで!

三国志魂 下 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

つみれ

『三国志演義』後半の第61回から120回までを収録。諸葛亮死後はファンも激減し、いまいちよくわからないという声が多いが、本書は演義の物語をなぞりながらよく整理していると思う。三国志には、三つの王朝の事跡を時系列で追う難しさというのがあり、この流れをある程度把握しないと、戦いを単品で楽しむだけという味気ないものになる。一方、これがわかると、「戦略」というものが見えてくる。こうなると三国志後半の世界は俄然楽しくなってくるのだ。難解になりすぎない程度にそれら戦略部分にも触れられているのは見事。良書といっていい。

2018/08/24

にゃんころ

さて下巻です。三国志は五丈原で「物語」としては終わったんだなと、改めて感じます。それ以降は「その後」を駆け足で追ってるという印象です。面白いエピソードが無い訳でも無いんですが、どうしても乱世から三国鼎立までの盛り上がりには敵いませんね。と、三国志の内容は置いといて、本著はかなり楽しみながら読ませていただきました。荒川氏、杜康氏それぞれのこだわりを熱く語ってるのがすごく楽しい(笑) やはりマニア本だと思います(^^;

2012/06/15

いっちゃんず

再読。『三国志演義』全120回を、三国志愛がドバドバ溢れる荒川弘・杜康潤のおふたりが、1話2ページずつテキストとトークと4コマ漫画で紹介した作品の下巻。前半に比べてマイナーな後半のエピソードもきっちり紹介。孔明南征とか、孔明亡き後の姜維の奮闘とかから、三国それぞれがグダグダになって晋の統一に至るまで、実に面白おかしく。お好きな方にはたまらない作品かと。

2018/01/27

速魚

つくづく思う、孔明は若かったんだと。

2012/11/20

なつー

上巻に続き読了。覚え切れないけど、今まで知らなかった人がたくさん出てきて勉強になった。とにかく劉禅が残念な子。演義後半の寂しい雰囲気の中、作者2人のトークは変わらずテンポ良く読みやすかった。

2015/03/08

感想・レビューをもっと見る