読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

思想的リーダーが世論を動かす ──誰でもなれる言論のつくり手 (フェニックスシリーズ)

思想的リーダーが世論を動かす ──誰でもなれる言論のつくり手 (フェニックスシリーズ)

思想的リーダーが世論を動かす ──誰でもなれる言論のつくり手 (フェニックスシリーズ)

作家
ダニエル・W・ドレズナー
Daniel W. Drezner
佐々木俊尚
井上大剛
藤島みさ子
出版社
パンローリング
発売日
2018-03-18
ISBN
9784775941942
amazonで購入する Kindle版を購入する

思想的リーダーが世論を動かす ──誰でもなれる言論のつくり手 (フェニックスシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

teddy11015544

題名とはちょっと違いますね。知識人的に言うなら「現代アメリカにおいて思想が作られる状況とけっこう悲観的な展望」といったところで、はじめのうちはけっこう骨が折れましたが、後半はとても面白かったですね。情に寄って動かされる批判の暴力性や脆さもふまえ、新自由主義やSNSによって起こった知の地殻変動は、21世紀前半の知の困難を解説し、知が踏みとどまるために、これからの思想家・専門家の謙虚な態度を希求しています。

2018/04/28

感想・レビューをもっと見る