読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世界がもし全部アメリカになったら

世界がもし全部アメリカになったら

世界がもし全部アメリカになったら

作家
勝谷誠彦
出版社
アスコム
発売日
0000-00-00
ISBN
9784776202141
amazonで購入する

ジャンル

世界がもし全部アメリカになったら / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちさと

「スーパーサイズミー」の監督が帯に登場していて笑った。アメリカ化が進む世の中。それがそんなにいいのなら、世界中をアメリカにしてしまえという企画です。銃社会や電力消費量なんかの困ったものから、寄付総額や医者の数などそれはありかなというものまで色々ありました。ネタ本なので誤解を生む書き方が多いのが残念なんですけど、「アメリカファースト」のアメリカ人にこそ読んでもらいたいですね。

2019/02/01

わたる

バラク. H. オバマが地球上に193人。こいつあ、何より大変だあ!

2012/03/16

aki

アメリカがバカなのは知っているんだけれど、数字とか具体的にかかれていてわかりやすかった。GOOD

2009/07/02

zx-sho2

☆☆☆☆★

2009/10/04

ヤンヤン

気が遠くなるようなデータと計算に脱帽。 世界がアメリカだったら石油をあと7年で使い切ってしまうという……恐ろしい

2020/07/01

感想・レビューをもっと見る