読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新装版 うつから帰って参りました

新装版 うつから帰って参りました

新装版 うつから帰って参りました

作家
一色伸幸
出版社
アスコム
発売日
2009-03-11
ISBN
9784776205418
amazonで購入する

新装版 うつから帰って参りました / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

「私をスキーに連れてって」、「ショムニ」等の著名な作品の脚本家である一色伸幸さん。うつ病を罹患した経験が書かれている。一色伸幸さんは頭痛薬の過剰摂取からハルシオンの過剰摂取に至る。そして、うつ病となり、ただ「消えてなくなりたい」と思うようになる。そう、「消えてなくなりたい」と思うのだ。私もそう思った。というよりは願った。一色伸幸さんが寛解するまでの四年間、仕事を休む。勤め人はそんなに休めないから厳しいなと思う。精神疾患は誰しも罹患する病気であり、放置するば自死に至る。この作品が世間への啓蒙になって欲しい。

2017/09/07

おしゃべりメガネ

決して他人事ではない、リアルなエッセイでした。自分はここまでヒドくはなかった(はず)と思いますが、リアルに「鬱病」患者としての暮らしが描かれていました。「死」を選ぶ罹患者が決して少なくない世の中で、果たして自分は復帰できるのか、完治するのか今もなお不安なのは間違いありません。やはり何よりも大切で重要なのはしっかりと自分の状況を把握し、決して無理に頑張りすぎず、自分を追い込まないこと。そして家族や周りの人々の理解やサポートが不可欠なんだということ。決して焦ってはならず、ゆっくりと向き合うことが大切ですね。

2017/12/17

うみろー

「病院へ行こう」「私をスキーに連れてって」の脚本家。「うつ」という誰でもなりうる病気は、理解されないことが多い。私も理解をしたくていくつか本を読んだり、ネットで調べたりしたが、理解できているとはいえない。ただ、本人はもちろん家族の苦しみはいくばくかと想像はする。著者の「消えてしまいたい」という気持ち。「死にたい」と思えるのはまだ元気が残っているということらしい。だから「消えたい」。この人を救ったのは奥さんだ。「受け入れ」「信じて見守る」。私にもできるだろうか?

2010/09/19

あ。

喉元過ぎれば熱さを忘れるがごとし描写に、共感や悲壮感はあまり感じられず。いちばん苦しんだのは、奥さんだと思う。

2017/06/19

梅田英俊

最初は題名に次に著者名が気になって手に取った。バブル期の申し子のような脚本家が私生活では、こんなに苦しいんでいたとは思いもしなかった。

2011/10/21

感想・レビューをもっと見る