読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

優しい会社

優しい会社

優しい会社

作家
神田昌典
安達元一 原案
出版社
アスコム
発売日
2011-06-27
ISBN
9784776206750
amazonで購入する

優しい会社 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みんと

仕事での人間関係に不満を抱いている方は多いと思うが、まず、この本を手にとってもらいたい。 タイムスリップをするたびに、思いがけない気づきを得て、気に入らなかった上司や部下に対する気持ちも変わってくる主人公の秋元。 一番近くにいる家族の思いにも鈍感な困ったサラリーマンが周りと心を通わせてゆく様子にちょっとホロッとくる。 東京オリンピックやバブルの頃の時代背景も感慨深い。

2011/08/11

ゆいまーる

軸になる時代は現代、主人公は私と同世代なので、あたかも現実であるかのように感情移入できた。愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶのでした。これからの時代を生きてゆく勇気がわく作品です。

2011/08/28

miyatatsu

小説としてみればとてもおもしろかったです。しかし自己啓発書としてみれば(ーー;)と言った印象です。

2018/04/16

もも

この本とってもいい本でした。「いるいる、うちの会社にもこういう人」と思いながら読んでいましたが、春の時代では泣いてしまいました。 ちょうど今日読んだっていうのが何かの導きなのでしょう。明日から新しい年。さぁ、私は何をしていこう、と考えさせられる1冊となりました。

2011/12/31

Lucy

過去の話をするときに、よく高度成長期の美談を耳にする。そうして、バブルの時の華やかな様子に続き、ゆとり世代の若者の情けなさが語られるのである。しかし、この本を読んでしみじみ思う。どの時代の人も目の前の自分の状況に合わせて頑張っている(た)のだと。年長者の業績に感謝しながらも、己を極端に卑下せずに、今日という日を良い日にしていこうと思う。

2014/07/14

感想・レビューをもっと見る