読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

感動コミックエッセイ さよなら、うつ。

感動コミックエッセイ さよなら、うつ。

感動コミックエッセイ さよなら、うつ。

作家
一色伸幸
橘山聡
出版社
アスコム
発売日
2018-07-28
ISBN
9784776209911
amazonで購入する Kindle版を購入する

感動コミックエッセイ さよなら、うつ。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

フクミミ

まわりにうつの人が普通にいる世の中ですが、本人はともかく家族を含めた周りの人が大変そう。一番つらいのは本人だとわかっているのだけど、受け止める度量を試される。

2020/11/03

林田力

著者は、うつ病を「心のかぜ」ではなく「心のがん」と表現します。「心のかぜ」との表現は、うつ病が誰でもなる自然なことという認識を広めることに貢献しました。しかし、「かぜ」とすると、すぐに治る、放置しても治るという誤解を与えてしまう危険もあります。「根性で治せ」という精神論根性論を完全に根絶できない恐れがあります。やりたくないことをやらせないことが大切です。

2018/10/14

ぷりたかま

★★★★★

2019/02/07

鈴木誠二

『うつから帰ってまいりました』の漫画版であり、後日談的要素もある。個人的には『うつヌケ』は辛くなって途中で読むの辞めたが、こちらは最後まで読めた。やはり語り口の上手さと「うつ」が重くなった時の症状が著者のうつ状態と近いことも影響しているのかもしれない。

2019/12/14

tomoaoso

漫画で語られているので読みやすかった 鬱の方もそうでない方にも読んで欲しい。 「心にも寿命がある」は名言。

2018/10/05

感想・レビューをもっと見る