読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

超訳 人間失格 人はどう生きればいいのか

超訳 人間失格 人はどう生きればいいのか

超訳 人間失格 人はどう生きればいいのか

作家
齋藤孝
出版社
アスコム
発売日
2020-11-21
ISBN
9784776211044
amazonで購入する Kindle版を購入する

超訳 人間失格 人はどう生きればいいのか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

R.

太宰治はどうしても敬遠してしまいがちでしたが、とてもわかりやすく紹介されていて読みやすかったです。人間失格は、読む人、同じ人でも読む年代により、感じることが違うんですね。

2020/12/30

naoudo

久しぶりに読んだ。 自分自身を疑う心をここまで見詰める事が出来たのは太宰治だけだと思う。

なほこ

中2の子どもらが太宰治の人間失格読んでて気になったから超訳されたのん読んでみた。わかりやすい。ちょうど国語の授業で「走れメロス」やってるみたいやし学級文庫に置こうかな。これぞクロスカリキュラム?中学生は人間失格を読んでどんな風に感じるんやろう。読んでみよかな〜〜なんとなく勇気いるわあ。

2021/01/29

うたまろう

読みやすかった。ところどころクスッと笑えるエピソードもあったりして。「ただ、いっさいは過ぎていきます。」辛いときもこの言葉があれば、一喜一憂せずに悠々と構えていられる。

2020/12/31

no666kkk

太宰は難しいかなと敬遠していたけど挑戦するための第一歩。とてもわかりやすかった。

2021/03/21

感想・レビューをもっと見る