読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

モルゲンシュテルンのこどものうた

モルゲンシュテルンのこどものうた

モルゲンシュテルンのこどものうた

作家
リスベート・ツヴェルガー
Lisbeth Zwerger
Christian Morgenstern
池田香代子
クリスティアン モルゲンシュテルン
出版社
BL出版
発売日
2012-06-01
ISBN
9784776405436
amazonで購入する

モルゲンシュテルンのこどものうた / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

麻衣

砂漠に象が足で字を書いたんだ。そのナンセンスなセンテンスを踏んでいこう。ちいさなリュックに大きな犬を入れて、もちろん鈴付きの。女の子の傘はハレノヒもくるくる回転を止めないんだって。お利口な君ならそんなこともう知ってるね。花占いなら縦巻きのかたつむりにきくといい。庭には傾いた薔薇の木が2本。お月様をダブルクリックしたら明かりがついたよ。一夜は幻、二夜目はどうかな。話し声はきっと赤いワンピースのなか。梟がウインクする数だけ夢みる羊頭のメルヒェン、ほらナイフは持ってきたね。ラールーラールーラールーラールーラー!

2021/02/10

けんちゃん

読友さんのご紹介本。モルゲンシュテルン…初めて出会った詩人ですが、作品を読みながら、う〜ん、理解不能!どこが「こどものうた」なんだ?と自らの詩心のなさを実感。でもそのおかげ(?)で、ツヴェルガーさんのイラストを堪能し、そこから新しいイメージを広げることが出来たように思います。カバーのチリ(…という部分でいいのかな?)に書かれた「詩集へのまえがき」をもう少し読みたかったな。別の詩集に出ているのかな、ちょっと気になっています。

2012/08/27

ゆーかり

クリスティアン・モルゲンシュテルン(1871-1914)の詩、リスベート・ツヴェルガー編&絵。ナンセンス詩。Kindergedichte(こどものうた)とGalgenlieder(絞首台の歌)より29編。絵も詩も結構好き。偉大なるラールーラアーって?!印象は、前半はドイツっぽい、ミヒャエル・ゾーヴァなどの感じ、後半はゴーリーとも通じる雰囲気(もっと明るい)。手元に置いてたまに見直したくなる。膝乗り梟に淡水パグ。

2017/08/30

april-cat

絵が素敵なのと、詩の絵本だというので読んでみました。いやいや、これは面白いです。絶句するような詩もあります。レベル高いと思いますが、子どもたちにこの面白さがちゃんと伝わるのかわかりません。反応が見てみたい絵本です。

2013/05/28

ヒラP@ehon.gohon

子ども向けのモルゲンシュテルンの詩につけた絵には遊び心があって、他の本とはちょっと違うツヴェルガーの世界を楽しむことが出来ます。 翻訳も訳詩の文字レイアウトも楽しめるのですが、子ども歌とは言っても、ツヴェルガーファンが喜ぶ絵本だと思います。

2016/09/06

感想・レビューをもっと見る