読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちいさなオレグ

ちいさなオレグ

ちいさなオレグ

作家
マーガレット コート
ジョン コート
Margaret Cort
John Cort
石井睦美
出版社
BL出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784776407171
amazonで購入する

ちいさなオレグ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

gtn

無私が最も尊く、自らが幸福になる直道だと言いたいのは分かるが、最善の生き方かと問われれば引っかかる。うがった見方をすれば、愚直に友に尽くすことが、真に友のためになるのかどうか。

2021/03/06

遠い日

どこまでも純粋でまっすぐで疑うことも恨むこともしらないオレグ。人がいいといえばそれまでだけれど、実際読みながら凡人のわたしは気が気ではないほどに、腹立たしい思いをしたけれど、オレグには他の人にはない精神の強さがあるように思えてならない。そして、オレグの幸せを思う時、小さくちりちりと胸が痛むのもまた本当のこと。

2016/01/23

いっちゃん

最後までエリックは考えを改めないし、オレグに感謝もしない。オレグのように生きるには、神のような心を持ってなきゃ無理だな。

2017/11/16

なかちゅう

どこまでもお人好しで、決して頭が良いとは言えないオレグの生き方。自分が考える「しあわせ」の定義がなんなのか、そして、その定義をどこまで貫くことができるのかと問いかけられている気がした。

2016/01/22

timeturner

オレグ、人がよすぎるよ。お金があっても友達がいないエリックより、貧乏でもみんなから愛されているオレグのほうが幸せだという教訓なのだろうけど、肝心のエリックがちっとも自分を不幸だと気付いていないあたりが説得力不足かも。グラフィックデザインっぽい絵はとってもお洒落。

2016/01/20

感想・レビューをもっと見る