読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こどものなかま

こどものなかま

こどものなかま

作家
レイン・スミス
青山南
出版社
ビーエル出版
発売日
2016-12-01
ISBN
9784776407454
amazonで購入する

こどものなかま / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

マスコットにしたい愛くるしいおじさん・寺

図書館のお薦め絵本だったので読んでみた。外国の絵本らしい洒落た絵柄である。いろんな動物の仲間のみならず石の仲間達を見た主人公の少年が、最終的に自分同様の子供達に出会い、「子供の仲間は子供だ」と思って終わる。要するに、自分の仲間は学校等の自分の身の回りにいる同世代で、代わりに違う世界で仲間を作っても孤独は免れない。やっぱり近くの者を大切にしないといけないというメッセージだと解釈してみたが、いかがなものか?。

2017/02/02

ヒラP@ehon.gohon

いろいろな生き物や、石や星、様々なものの中に、仲間という概念を感じた主人公。 一緒にいようとするのだけど、一緒になれない主人公。 そして、自分の仲間が何であるのか、改めて当たり前を見直しました。 絵は素敵なのですが、とても哲学的な絵本に思えました。

2022/01/04

mntmt

レイン スミスの絵が好き。

2016/12/24

anne@灯れ松明の火

県立で。MOE絵本屋さん大賞2017のランク外で話題になった本。ヤギのなかま、ペンギンのなかま……。いろんななかまと出会った子ども。最後に見つけたのは? それまで、楽しそうに見えたけれど、もしかしたら、寂しかったのかな?

2018/05/05

ふじ

なんか、感情のアンテナを立てて読む絵本な印象。最後のあふれんばかりの喜び、私がこどもだったらもっと体感できたのかな。絵本屋さん大賞ランク外の注目本。

2018/04/26

感想・レビューをもっと見る