読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

思い出色のバス〈2〉1960年代・リアエンジンバス―カラーで甦る昭和中期のバス

思い出色のバス〈2〉1960年代・リアエンジンバス―カラーで甦る昭和中期のバス

思い出色のバス〈2〉1960年代・リアエンジンバス―カラーで甦る昭和中期のバス

作家
鈴木文彦
河村 かずふさ
出版社
ネコ・パブリッシング
発売日
2007-07-01
ISBN
9784777051991
amazonで購入する

思い出色のバス〈2〉1960年代・リアエンジンバス―カラーで甦る昭和中期のバス / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

えすてい

1960年代、まだ路線バスはツーマンの時代。決して事業者別・メーカー別で掲載・説明されてる訳ではないので、あまり見やすい配置ではないが、オールフルカラー写真なので生き生きとした当時の車両の姿が伝わってくる。京都市営では路線用が観光用と兼用されてた車両もあったそうだ。名古屋市営は1枚だけ載ってる。民生ディーゼルの新三菱ボディ。まだシャーシメーカーとボディメーカーが系列会社で完全に一致するとは限らない時代のことである。

2017/07/14

感想・レビューをもっと見る