読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小さき者へ

小さき者へ

小さき者へ

作家
有島武郎
出版社
ゴマブックス
発売日
2016-07-20
ISBN
9784777130764
amazonで購入する

小さき者へ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

菓子屋のさわくん

伊坂幸太郎、“首折り男のための協奏曲”の作中、会話のやり取りの中で出てくる本著。 30ページと言う短さの中に、物凄い純度と濃度で父親の愛が詰まっていた。本当の意味で誰かの為に生きることは、かくも美しく、切なく、愛おしいものか。 感想を書こうと思いを巡らすだけでも視界が滲みそうになる。 折に触れて何度も読もう。 行け。勇んで。小さき者よ。

2017/05/25

hiko1

弱い父親が3人の幼な子に向けて語りかけた告白。●出産は女の出陣だと言い、苦しい思いをしながら子どもを産んだ母親。●不治の病である結核かかり全快しなければ二度と子供たちに会わないと決意した母親。●家族を後に遺してこの世を去った母親。いつも自分の弱さばかり目がいく父親は、こうした母親の強さと愛の深さを子どもたちに伝えようとする。父親は必死に叫ぶ、。「前途は暗い、しかし恐れててはならぬ。」と。

2021/10/23

チャーリー

子どもたちに向ける父の愛の広さと深さに感嘆する。

2021/04/17

感想・レビューをもっと見る