読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青蛙堂鬼談

青蛙堂鬼談

青蛙堂鬼談

作家
岡本綺堂
出版社
ゴマブックス
発売日
2016-07-20
ISBN
9784777135974
amazonで購入する

青蛙堂鬼談 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Sarah(サラ)

昔語りの 静かな語り口が、恐ろしさと哀しさを思わせる。 夏の夜、ひっそりと読むのにいい。

2016/08/17

ぷてらん

最近ハマってる岡本綺堂の怪奇小説シリーズ。青蛙堂に集った人々が順々に語る奇妙な話たち。伝聞だったり、身内や知り合いが体験したことだったりするのと、語り手が真相を見届けたりしていないことが多いので、リアルだなぁと。カッチリ組み立てられた物語じゃないところが。全て偶然であるとしてしまえばそれまでなんだけれど、人間というのは因果を求めたがって、個別の出来事に繋がりを勝手に見出してしまうものだと思う。

2021/11/30

hiko1

「青蛙堂鬼談(せいあどう)」第二話の「利根の渡」。 江戸中期、利根川の渡し場に立って、ある人物を探している盲人がいた。あまりの熱心さに老船頭は食事を恵み、自分の小屋に住まわせる。しかし、盲人は望みを叶えることなく風邪をこじらせて死んでしまう。 それから6年、盲人が待っていた男が現れ・・ 静かな描写の積み重ねで、人の心に宿る怨念の恐ろしさを感じさせてくれる。

2022/01/23

感想・レビューをもっと見る