読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天衣無縫

天衣無縫

天衣無縫

作家
織田作之助
出版社
ゴマブックス
発売日
2016-07-20
ISBN
9784777137763
amazonで購入する

天衣無縫 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

扉のこちら側

2016年1094冊め。頼まれると否と言えず、自分で借金をしたり着ている服を質に入れてまで他人にお金を貸してしまう軽部氏の妻視点で語られる。お人よしというより外では自分をよく見せたい自己顕示欲が強すぎるように思う。家では妻に折檻されてもすやすや眠るとか、どうにも理解できない人だ。

2016/12/17

Yuki Ban

広辞苑より。「天衣無縫- (中略)技巧をこらしたあとがなく、いかにも自然で完美であるさまの形容。また、人柄が天真爛漫でかざりけのないさま。」登場人物の軽部氏の、生き方は自然であるが完全に美しくはない。むしろ醜い。人柄はかざりけがないが、思ったことをそのまま口にできない気の弱さがあるから天真爛漫ではない。お金がないのに頼みを断りきれずお金を貸しまくったり、無遅刻無欠勤ひいては軽部氏の出世を望む奥さんに毎朝会社へ送り出されてるのに打刻を毎回忘れたりする、ダメ男にこのタイトルをつけたと知ったら奥さん怒るだろう。

2020/06/06

asanosatonoko

天衣無縫、詩歌や作文が技巧など感じさせず自然に整って美しいこと、または天真爛漫な様子。この作品は意味としては後者だろう。気が弱くお人好しであるようで、実はあるがままにやりたい放題で生きてるんじゃないの…?という困った人を夫にした妻の視点で語られている、小説の2、3本くらい書けそうキャラクターをしている夫だが、実際に家庭を持つとなったらお断りな人をユーモラスに描き、かつ最後にビシッと釘をさす締まり方をしている。

2019/05/07

Moka

青空文庫で読んだけど便宜メモ。  近代文学全然通ってこなかったんだよな  これぐらいの短編ならスッと読める

2021/01/30

フランチャイズ人格

織田作之助の書く男はなかなか好きになれない…でも惚れてしまったら仕方ないのかもしれない

感想・レビューをもっと見る