読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

流刑地で

流刑地で

流刑地で

作家
フランツ・カフカ
出版社
ゴマブックス
発売日
2016-07-20
ISBN
9784777138807
amazonで購入する

流刑地で / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐっち2525

解釈は何通りもあると思うが、私には「受刑者=庶民」であるように感じた 受刑者が受ける拷問は、世の不条理に対するカフカの諦観を感じるし、将校の最期は、その不条理に対する嘲笑を感じた カフカの生い立ちや人生観を知った上で読むと、色々考えさせられるが、そうでなければ私のような凡人には解釈のとっかかりすら見つけられない カフカが生前には評価されなかったのも少しわかる気がする

2021/09/26

コウテイ

うまい言葉が見つからないけど、すごい空気だ。

2017/04/03

t tsuchiya

Yuuri Kuzukawa

最後がよく分からなかったので読み直す必要あり。

2019/11/24

感想・レビューをもっと見る