読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

晩菊

晩菊

晩菊

作家
林芙美子
出版社
ゴマブックス
発売日
2016-07-20
ISBN
9784777158843
amazonで購入する

晩菊 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

流之助

朗読。1時間超にもなる。戦後の美容法のすさまじさには驚かされるが、男との恋愛を自分のための美しい芸術品のように愛でる主人公きんの在り方に同性として憧れのようなものをうっすら抱く。私は恋の良いところばかりを枕に孤独に暮らすのは無理だけれど。田部はいくら紳士の形をしていても所詮、きんの相手として対等になれるような人間ではなかったところが、滑稽というよりもなんとなく悲哀をもって描かれているところがビターで好きである。きんのセリフを読むのはとても楽しい経験だった。

2022/02/15

qbmnk

青空文庫で読了。老いと人間関係の変化を描いている短編。戦争を挟んで変わる心の部分と変わらない心の部分が描き出されている。歳をとっても若作りする女の逞しさも清々しいもののように描かれている。女性の作家らしい描写かもしれない。

2018/03/08

感想・レビューをもっと見る