読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大塩平八郎

大塩平八郎

大塩平八郎

作家
森鴎外
出版社
ゴマブックス
発売日
2016-07-20
ISBN
9784777168477
amazonで購入する

大塩平八郎 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ないりば

富豪を懲らすことはできたが、貧民を賑わすことができなかった失望感。

2017/03/29

sshota0313

面白かった。太平の時代に起きた騒乱にあたって、組織の中で起きる混乱っぷり、わけてもその中で対処に追われる人間の有能、無能の人物描写は「もしかしてどこかで体験した?」ってぐらい細かく描かれていたし、敗走するく大潮平八郎一行の悲惨さ、その心理描写の細かさは流石に森鴎外だった。鴎外の書く時代物は英雄が出てこないし、大きな歴史的出来事を扱うわけではないけど、「普通の人間」が描かれるからこそ面白いというか、やっぱり歴史の読み物というより文学だなと思う。

2019/04/22

感想・レビューをもっと見る