読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

平成維震軍「覇」道に生きた男たち (G SPIRITS BOOK)

平成維震軍「覇」道に生きた男たち (G SPIRITS BOOK)

平成維震軍「覇」道に生きた男たち (G SPIRITS BOOK)

作家
越中 詩郎
小林 邦昭
木村 健吾
ザ・グレート・カブキ
青柳 政司
齋藤 彰俊
AKIRA
出版社
辰巳出版
発売日
2020-01-23
ISBN
9784777824335
amazonで購入する Kindle版を購入する

平成維震軍「覇」道に生きた男たち (G SPIRITS BOOK) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Eiki Natori

松永光弘のMIXIでの昔話は一時大ヒットしたが、そこに書かれたのは、誠心会館の松井が、小林邦昭に殴られることを知っていて、それを名古屋駅に送ったことが書かれていた。でも誰一人として小林の殴打事件について「やらせ」だったと書いていない点がフィクションに感じた。でも、誰もが平成維新軍時代が一番充実していたと書いているのが嬉しかった。レスラーとしては一流なのに、会社の事情で日の目をみなかった選手たちがプロとしての仕事を全うできたということらしい。 たしかに彼らが出る試合は安定感があったし、ハズレがなかった。

2020/02/11

Tak

プロレスが熱い時代の話で懐かしく面白かった。 小原はたまに存在を確認できるが後藤達俊はどこに行ってしまったんだろう…木村健悟は何というか屁理屈言いと言うかあまり変わらんね

2020/02/16

感想・レビューをもっと見る