読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さよなら、理不尽PTA!

さよなら、理不尽PTA!

さよなら、理不尽PTA!

作家
大塚 玲子
おぐらなおみ
出版社
辰巳出版
発売日
2021-11-12
ISBN
9784777827329
amazonで購入する Kindle版を購入する

さよなら、理不尽PTA! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

地獄と天国を覗き見たような読後感。PTAって任意加入の団体だったのか。独身子なしなので、まったく関係ないですが、自分だったら入らないっす。 強制加入とか個人情報の無断提供とか法律スレスレ、むしろアウトな事が「慣例」で罷り通るのって気持ち悪いんですが、そういうのが通っちゃう不思議な国みたいなとこ確かにあったんだよね小中学校って。 色々と学生時代の不条理を思い出して不快になりつつ、改革の結果、効率的で風通しの良いPTAになった例も載ってて希望もあるなという感じ。イライラハラハラワクワクでおもしろかった。

2021/11/13

Atsushi Kadotani

中学校のPTA会長として活動や組織の適正化を進めていて、いろんな本を読んでます。これまで読んだ本の中で、人にオススメするのに一番の本だと感じました。何が問題なのか、実際に活動を見直すとどうなのか、コロナ禍も踏まえた最新の内容が書かれています。 いろいろ適正化を考えて勉強している人間としては当たり前のことばかりではあるんですが、知らない人、間違った理解がアップデートされていない人があまりに多すぎると感じます。世の中のすべての保護者のみなさんに読んでほしい。

2021/11/28

感想・レビューをもっと見る