読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

民芸お菓子

民芸お菓子

民芸お菓子

作家
福田里香
ディスカバージャパン編集部
出版社
エイ出版社
発売日
2018-12-12
ISBN
9784777953134
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。

本書は、雑誌『Discover Japan』において8年間にわたり続いている、
菓子研究家・福田里香さんによる人気連載「民芸お菓子巡礼」を、
全面改稿そして新規描き下ろしを加え書籍化したものです。
民藝運動家たちが愛したお菓子、民藝を愛した店のお菓子、
民藝玩具を模したお菓子、民藝にゆかりのある街の名物お菓子……。
本書は、合計88点の「民芸お菓子」を収録しています。
これまでは、器や人物を切り口に語られることが多かった「民藝」。
本書は、民藝を切り口として日本の地方菓子をひも解く、
今までに類を見ない保存性の高い一冊となります。

民芸お菓子 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

チョビ

民藝の方々がデザインしたお菓子、民藝の方々が好んだお菓子と言ったように、民藝に関わるお菓子のカタログ。 ああ、そういえばアレは棟方志功だ!とか、これもー??と、いちいち驚くこと請け合い。色々食べたくなりました。

2019/02/04

ももりんご

可愛いお菓子のガイド本的な。食べたものもたくさん。ああこれは~みたいなものが、いっぱい。亀井堂の瓦煎餅は、棟方志功ということは知っていたけど、意外にたくさんある。芹沢鮭介が手がけたものもたくさんあるのねえ~食べてみたいものだらけです。

2019/02/17

感想・レビューをもっと見る