読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

今夜、珈琲を淹れて漫画を読む:「漫画の時間」2時間目 (小学館クリエイティブ単行本)

今夜、珈琲を淹れて漫画を読む:「漫画の時間」2時間目 (小学館クリエイティブ単行本)

今夜、珈琲を淹れて漫画を読む:「漫画の時間」2時間目 (小学館クリエイティブ単行本)

作家
いしかわじゅん
出版社
小学館クリエイティブ
発売日
2015-02-25
ISBN
9784778035143
amazonで購入する

今夜、珈琲を淹れて漫画を読む:「漫画の時間」2時間目 (小学館クリエイティブ単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アイアイ

BLやコミックエッセイも含めた幅広い漫画作家への批評と応援。かなりツンデレ(笑)若い読者を育ててこなかった漫画家、今の旬の漫画家の紹介が盛り沢山で読んでみたい作品がたくさん増えた。漫画家である著者が、当時の編集者や出版社に対して毒を吐いてるのも面白い。▽図書館

2015/05/26

ワダマコト

BSマンガ夜話のレギュラーでお馴染みいしかわじゅんさんのマンガ書評集。掲載された論考は100本を越える。ちなみに私が読んでいたのは26本だった。氏がいかにたくさんマンガを読んでいるのかがわかり、尊敬の念すら覚えた。選ばれたタイトルのなかで特に印象に残っているのが『ちはやふる』の解説だ。著者である末次由紀氏の過去の過ちと今こうしてマンガを書いていることの間を冷静に分析し、決して突き放すことなく優しい言葉でおわるというのが概略なのだが、本当にいしかわじゅんさんはマンガが好きなんだなぁというのがよく伝わってくる

2015/07/30

三森紘子

漫画って本当にいいよね…!っていう気持ちでいっぱいになる書評集。短いものもちょっと長いものも、「漫画」そのものに向けた、いしかわさんのラブレターのように思える。愛を感じます。今は懐かしの「BSマンガ夜話」で喋るいしかわさんの姿をよく見ていたので、その語り口調が聞こえてくるようでした。やっぱり愛だなあ。

2015/07/21

もくもく

マンガ評論集 『毎日新聞』『週刊文春』に連載された短めのモノが100本と、雑誌の特集や単行本の解説から長めのモノが7本収載されています。いしかわじゅん のマンガ評論本は、いつも初出が書いて無いのですけど、あとがきによると「すべての原稿に書き足し・書き直しをしている」のだそうで、つまりこれが「著者のその作品への現時点での感想である」と言って良いのでしょう。マンガってのは生き物だから、連載が終了したり長期化したり、マルチメディア展開で評価が変わったりもするモノだけに、的確な評論っていうのは難しいんですよね。

2015/05/07

てら

いしかわじゅんは何と毎日新聞朝刊の4コマを描くようになった。もうリトルメジャーなどとは言わせない。 名馬は常にあれど名伯楽は常にあらず。名うての漫画読み、いしかわじゅんが送る漫画評論コラム。ああそうじゃない。これは「漫画を読むための本」なのだ。ここに挙げられている作品たち、あなたは(私も)そのほとんどを読んだことがないはずだ。いしかわじゅんの簡潔にして本質を射抜いた文章にピンと来たなら、その漫画を買って読むべし。ただ、読むべし。左脇えぐり込むように読むべし。

2015/03/07

感想・レビューをもっと見る