読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

水木しげる 世界の妖怪百物語 (小学館クリエイティブ単行本)

水木しげる 世界の妖怪百物語 (小学館クリエイティブ単行本)

水木しげる 世界の妖怪百物語 (小学館クリエイティブ単行本)

作家
水木しげる
出版社
小学館クリエイティブ
発売日
2017-06-26
ISBN
9784778035266
amazonで購入する

水木しげる 世界の妖怪百物語 (小学館クリエイティブ単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りゅりゅ

要はネタの偏った昔話集なので、昔なつかしおもしろい。貧乏神の話が3回も出てきて、しかも出どころが全部ロシア。この国どんだけ貧乏神に憑かれてるの。『死者の媒介』の挿絵がめっちゃくちゃ怖い。わりといい話のはずなんだけれど、女性の顔に宿る生々しい邪悪さには震えてしまうし、それでいて目を反らせない。

2019/10/28

ヒロモ

図書館より。7歳2ヶ月息子、母ちゃんにところどころ、読み聞かせてくれる。母ちゃん、どれがいい?って訊いて頂いても、なんてお答え申し上げるのが正解だったのか…。しかし、なんで人間の男は国を問わず、妖精やら妖怪やら娶られるのでしょう…

2021/03/20

感想・レビューをもっと見る