読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コロナと漫画~7人の漫画家が語るパンデミックと創作 (小学館クリエイティブ単行本)

コロナと漫画~7人の漫画家が語るパンデミックと創作 (小学館クリエイティブ単行本)

コロナと漫画~7人の漫画家が語るパンデミックと創作 (小学館クリエイティブ単行本)

作家
島田一志
ちばてつや
浅野いにお
高橋留美子
あだち充
藤田和日郎
細野不二彦
さいとう・たかを
出版社
小学館
発売日
2021-09-29
ISBN
9784778038502
amazonで購入する Kindle版を購入する

コロナと漫画~7人の漫画家が語るパンデミックと創作 (小学館クリエイティブ単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みみずく

新型コロナのパンデミックや創作活動について、漫画は不要不急なのか、若い人へのメッセージなど、7人の漫画家へのインタビューが一冊の本に。緊急事態宣言が発令され、様々なエンターテイメントが自粛を強いられた時、漫画界でも連載を休止した漫画家やサイン会や個展が延期したりと、影響を受けたらしい。「漫画は不要不急なのか?」の問いに、娯楽は必要である、一見無駄だと思われていることの中にこそ人間の豊かさがあるなど、先生方の答えに改めて漫画の力と魅力を感じました。

2022/05/06

akihiko810/アカウント移行中

コロナによって漫画家はどう変化したのか、漫画家たちにインタビュー。印象度B+  マンガは不急不要なのか。コロナでも漫画が連載され雑誌が書店に並ぶこと自体尊いことだと気づかされた。大御所たちのインタビューが多く、彼らのほとんどがアナログ原稿なので、スタッフとの蜜をさけるため、作業ペースが落ちてることが印象深い。 コロナを作品に登場させるか否か、というのは作家によって分かれている。あだち充は、現代の話だがコロナを登場させることは選ばなかった。甲子園中止の際は悩みに悩んで、漫画連載事態を中止にしたとのこと

2021/11/22

スプリント

大御所と読んで差支えがない漫画家が多数人選されている。 残念ながら一番の大御所であったさいとう・たかを先生は21年9月に亡くなられている。 コロナが蔓延していてもリズムを変えずに創作に勤しむ先生が多かった。デジタル化を進めている若い漫画家はさほど影響がないのかもしれない。

2022/05/03

コンチャン

著名な漫画家7名に、コロナ禍における創作活動や、考え方についてのインタビューがされ、まとめられています。それぞれに影響は受けつつも、ポジティブな姿勢は共通していて、勇気がもらえます。漫画はやっぱり必要ですよね。

2021/11/29

月華

図書館 漫画家へのインタビュー。コロナを意識し始めたのはいつ頃か。創作活動への影響。電子書籍への考え方。東日本大震災のこと。若い人へのメッセージ。漫画を読むことが出来るのはありがたいことだと改めて思いました。

2022/01/08

感想・レビューをもっと見る