読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

俺たち文化系プロレス DDT

俺たち文化系プロレス DDT

俺たち文化系プロレス DDT

作家
高木三四郎
出版社
太田出版
発売日
2008-04-11
ISBN
9784778310950
amazonで購入する

俺たち文化系プロレス DDT / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鼻毛カッター

「文化系」というのがしっくりこなかったんだけど、要するに「肉体を使って表現する芸術」というような意味合いかな。「芸術」というと日本では変に高尚みたいなイメージがあるから「文化系」という表現を使ったんだろうか。現在のプロレスはほとんど知らないが、格闘技が独立した興業となる以前は、ある種の祭りの一部もしくは一体化して行われていたことを考えると、DDTのやっていることは先祖返り的なものもあるのかな、と。

2010/11/26

左脳

僕の印象ではDDTという団体は「文化系」というより「サブカル調」という感じです。それはさて置き、プロレスという曖昧な状況を中心にして現実を俯瞰しながら、デフォルメされたプロレス世界をメタ的に提示していく、という姿勢は面白い。高木三四郎クロニクルのいかがわしい魅力とともに、「プロレスという表現形態」についての思索を誘う一冊。

2009/07/07

感想・レビューをもっと見る