読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ボックス!

ボックス!

ボックス!

作家
百田尚樹
出版社
太田出版
発売日
2008-06-19
ISBN
9784778311346
amazonで購入する

ボックス! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

修一郎

永遠のゼロの次は,この本を…。市民図書で借りてきてくれたので,早速。やはり,素晴らしい本だった。ベースはひ弱優等生の成長物語なんだけど,題材が,アマボクシングで,なじみのない世界をわかりやすく描いてくれている。抜群に面白い。練習ではめったに殴り合わないんだな… 高校生の部活ものとしては,[一瞬の風になれ]以来の感動だった。百田尚樹作品は面白くて勉強にもなって,お得感あるなぁ。

2013/08/25

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

大人気の作家さんですが、本書が初読みでした。ノンフィクションのような文体だなというのが第一印象。他の作品を読み進めていけば、この印象は変わるのかもしれないけど。高校のボクシング部を舞台にした「友情」「努力」「勝利」の少年ジャンプ的世界観が基本テーマですね。ハングリーであることが求められるボクシングで、好きな女性に振り向いてもらいたい、いじめっ子に復讐したい、亡くなった友だちとの約束を守りたいという動機が頑張る源になっているというのは、ベタかもしれないけど、共感できたし、引き込まれました。

2014/03/03

よむよむ

知らなかった。ボクシングがこんなにもカッコよくて、素晴らしくて、辛くて、恐ろしいスポーツだったなんて・・・文字になった闘いは、読み慣れないせいか疲れることもあったが、それを差し引いても余りある感動と面白さがあった。鏑矢くんは頭の中でずっと市原くんだった。ホントにピッタリの役だと思う。映画必見だなあ。『勝利が尊いものでなければ、誰が苦しい練習なんかするもんか』

2010/07/01

大地

文句なく面白かった。読み始めると止まらなく、一気読み!ボクシングに青春をかけた高校生のストーリー。凄く熱く、感動する作品だった。

2013/05/05

PSV

長い割にはサクサク読める。好きか嫌いかでいえば、好きだ。ボクシングは正直興味はないんだけど、それでも引き込まれるのは作者の筆力でしょうよ。視点だったり立場が交錯しながら、一つの大きなうねりになり、スカッとするような結末へと流れ込んでいく。ベタと言えばベタだし、意外な展開も想定の範囲内だし、良く言えば安心して読めるけど、新鮮な驚き、といった点では弱いかも。でも、読む価値は充分にあります。一気読み推奨。  ★★★★☆

2012/10/22

感想・レビューをもっと見る