読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フリクリックノイズ

フリクリックノイズ

フリクリックノイズ

作家
鶴巻和哉
貞本義行
出版社
太田出版
発売日
2010-08-11
ISBN
9784778312220
amazonで購入する

フリクリックノイズ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

NEKOS

フリクリ、色々動いてるなあ。鶴巻監督と貞本義行によるブックコメンタリー。作画アニメ・ピロウズのPV(笑)といわれていたフリクリだけど、そんなことはもちろんなくて、きちんとした設定とプロットがあの奔放な作品を生み出していたのだ。この本では、ストーリー面ではなくアニメーションについて二人が語っている。アニメーターの膨大な知識量が垣間見れて面白い

2012/03/02

さしも

最後のイラストには、何か感慨深いものを感じた

2010/08/24

ハンギ

フリクリというアニメの監督とキャラクターデザイナーの対談。最後は魔砂雪さんが出てくる。音楽メニューの話とか、エヴァの時は庵野さんが作っていたらしい。庵野さんは音楽センスがありますね。エヴァの後で自由な作品をやろうということで、フリクリが出来たそうで、作画さんもすごくのびのびとしているのが分かる。原画マンが遊び過ぎて、キャラが崩れたからテロップ出して誰か分かるようにした、という話はすごかった。もっと遊んでも良かったのにと思いました。冒頭で日本アニメーションとか、Aプロとか出てきて、驚きました。古いから。

2015/11/19

wasabi

最終的には監督自らが本作品の魅力を「雰囲気」と言っちゃうところが好き。ニナモリのモデルが吹石一恵とは気づかなかった。

2015/01/21

tomdam

アニメ好き集まれ

2013/02/10

感想・レビューをもっと見る