読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

【Amazon.co.jp限定】永遠の0(ゼロ)愛蔵版 百田尚樹メッセージカード付

【Amazon.co.jp限定】永遠の0(ゼロ)愛蔵版 百田尚樹メッセージカード付

【Amazon.co.jp限定】永遠の0(ゼロ)愛蔵版 百田尚樹メッセージカード付

作家
百田尚樹
出版社
太田出版
発売日
2013-11-08
ISBN
9784778313876
amazonで購入する

【Amazon.co.jp限定】永遠の0(ゼロ)愛蔵版 百田尚樹メッセージカード付 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

向う岸

☆2 ツタヤでレンタル。人生を見失った青年が特攻隊として戦死した祖父の足跡を辿る。依頼を受けていろんな人から証言を引き出す手法は『ナイトスクープ』的。ベストセラーなのだからエンタメとしてさぞかし面白いのだろうと思ったら、延々と帰還兵の戦争体験を読まされる。作者の「あーあ、自分が総司令官だったら日本軍は勝てたのになー」と口惜しそうなのが面白かった。孫二人が立派な愛国者になって、宮部久蔵もさぞかし喜んでいることだろう。正しいことしか書かれていない小説というのは、どうにも性に合わん。

2014/01/11

ジャガジャガ

辛かった。特に6章、10章、12章は過呼吸になるんじゃないか?というほど泣いた。本書について賛否両論あるようだが、手にした頃から靖国問題も他人事ではなく参拝するようになり、高齢者を見る眼差しが変わった。自分にとって小さく人生を変える1冊であった。

2019/09/01

感動した

2014/04/14

alisoviejos-19319

軍部政府の行動が詳細に。 航空兵の戦い がわかる 負け戦なのに特攻命令 命よりも飛行機、燃料を大事にした … 命蔑視 かなしい

2014/08/20

おきゅ

読み終えるのが惜しいぐらい。事実だとしたら日本の海軍は負けるべくして負けたんだ。

2014/03/05

感想・レビューをもっと見る