読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす

BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす

BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす

作家
溝口彰子
中村明日美子
出版社
太田出版
発売日
2015-06-06
ISBN
9784778314415
amazonで購入する Kindle版を購入する

BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

雪紫

BL本や映画の紹介だけでなく薔薇の進化や多様。異性愛や現実の同性愛者達にも視線を向けた本。個人的にはやおい論争の文が突き刺さった。やはりそういった作品を愛好するからには現実のそういった人達への理解を深めなければいけないと思う。くれぐれも軽い気持ちで萌えを期待してはいけない。中身はクスリとなってしまう時もあるけど大真面目な作品だから。

2019/09/19

ちるるん

内容を噛み砕きながら読み進んでたら時間がかかったけど、とても面白かった。特にBLと社会との関わりについての下りは、ここまで深く考えてこなかったところを気付かされた…というか、無意識で感じてはいたけど言葉にしてこなかったところをちゃんと形にしてくれたという感じ。うまく言えないけれど確かに、社会から押し付けられた価値観に対する私自身の抵抗力と感受性はBLを読むことで少しずつ広げられてきた気がする。それと、BLの歴史のポイントとなる作品もほぼ読んできたものばかりで懐かしく、読み返したくなった(*^ ^*)

2015/07/12

たまこ

図書館本。BLそのもものの進化と、BLによって社会が進化する可能性について。BLを読む者として「BL愛好家女性たちの日々の楽しみの活動が社会の進化をリードする表象を生み出す場を作り出している」と言われると少し面はゆいけれど、結果的にそういうこと(多様性が認められ生きやすい社会?)に繋がるのならそれは素敵かな。最後はBLへの賛辞と、愛好者への後押しのメッセージで締めくくられています。ちょっと小難しい部分もありましたが、著者もBL愛好者ということで安心して読めました。

2016/01/07

きなこ

三浦しをんさんのオビに惹かれて。歴史、定型表現、現実のゲイの目線、進化、コミュニティなどの視点から分析した、BLに対する愛にあふれた評論。紹介されている作品をほぼ読んだことがなかったので感動は薄かったけど、読んでいる人ならもっと楽しめるのでは。タイトルが示す通りBLは進化しており、現実社会における性の多様性の実現、ジェンダー格差解消などを先取りしているというような主旨で、面白かった。中村明日美子さんの表紙が美しい。

2015/07/18

みずほ

★★★★☆ 図書館本。「俺たちのBL論」が男からみたBL考だとすれば、これはレスビアン女性のジェンダー的な立場からみたBL論。森茉莉をBLの始祖とし、バッドエンドがデフォだったJUNE時代、定型BL時代(ハピエンであっても、まだホモフォビア・ミソジニーが匂う時代)を経て、今の進化したBLへと至るBL史は読みごたえがある。BLは家父長制社会&異性愛規範社会による女性への抑圧からの逃避の文化でもあるという視点は、「俺たちのBL論」の「女の特性・窮屈さを嫌う女性がBLに走りやすい」に少し重なるものがあるかも

2017/10/23

感想・レビューをもっと見る