読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

だめだし日本語論 (atプラス叢書17)

だめだし日本語論 (atプラス叢書17)

だめだし日本語論 (atプラス叢書17)

作家
橋本治
橋爪大三郎
出版社
太田出版
発売日
2017-06-09
ISBN
9784778315788
amazonで購入する Kindle版を購入する

だめだし日本語論 (atプラス叢書17) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小鈴

日本語はどのようにできてきた言語なのか知りたかったらぜひ読むことをオススメします。さすが橋本治としか言いようがない。とても面白かったにも関わらず、ちゅうぶらりんで終わったのはなぜだろう。これ以上対談しても話がまとまらないからなのか。橋爪と話していても治ちゃん楽しくなさそうだからなのか(笑)。橋爪抜きで日本語論について書いてほしいです。ここまで引き出してくれた橋爪さんには感謝だけどさー(笑)。

2017/07/01

ophiuchi

橋本治の博識に圧倒されっぱなしだった。内容を理解できたとは言いがたいけど、ひらがなができたおかげで、古代からの文書が話し言葉で残されてきたが、それは論理を記すのが難しいという日本語の弱点にも繋がったとというのが、ここに書かれていたことの一つだったように思えた。

2017/08/21

きゅうり

書き言葉と話し言葉の二重螺旋で発達した日本語。皇族貴族が政治の中心だった頃から権力を失っていくまでが話の中心。鎌倉、室町以のページの分量は、え!これだけ?ってくらい。口語体で流れるように綴るひらがなは確かに書くのが気持ち良さそうだ。文字が学者や政治を司る一部の人間だけのものではなく庶民にも広く普及し普通の人たちの日記が残ってるってすごいこと。

2019/02/11

還暦院erk

図書館本。『これで古典がよくわかる』など、自分のノートで復習してから本書に取り組んだ(受験生か!)。橋本さんは勿論、橋爪さんも碩学でお二人の話は「へぇー!」の連続。密度の濃ゆ~い講義を聞いているみたいな読書体験。話題はアチコチ飛ぶけどそれもまた良し。p48とかp182のやりとりが良い意味でスリリングで面白い!p46で橋本さんが「概念規定がはっきりしない用語を勝手に使うこと」にまつわる日本人の心性を指摘してたけど、コロナ禍対策での「漢字又は英語とカタカナで出来た政府謹製の標語(?)」の解釈を聞きたかった…。

2020/12/02

てながあしなが

橋爪大三郎の対談本の新刊。テーマは日本語論。どストライク。お気に入りの書店で見つけたので、新刊で買ってみた。「げんきな日本論」も面白かったので、期待して読んだが、正直めっちゃ面白いというほどではなかった。橋本治は初めてだったけど、他の本をあたってみようかな。文量が少ないので、読み易かった。日本語を研究し、日本語の正体を突き止めることができるのは日本人しかいない、という指摘にははっとした。装丁はお気に入りなんだけどね。

2017/11/27

感想・レビューをもっと見る