読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ケトルVOL.39

ケトルVOL.39

ケトルVOL.39

作家
南部広美
堀井美香
中澤有美子
片桐千晶
伊集院光
久米宏
三条毅史
橋本吉史
宇多丸
大沢悠里
ジェーン・スー
荻上チキ
嶋浩一郎
サイトウユウスケ
出版社
太田出版
発売日
2017-10-17
ISBN
9784778316020
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ケトルVOL.39」の関連記事

TBSラジオ特集『ケトル』にファン大興奮!「こういう特集待ってました!!」売り切れる書店も!

『ケトル』Vol.39(太田出版)

 「TBSラジオ」を特集した『ケトル』Vol.39が2017年10月17日(火)に発売され、ファンから「最高の特集!」「こういう特集待ってました!!」と大きな反響が巻き起こっている。  同号では「TBSラジオが大好き!」と題して、表紙にサイトウユウスケによるポップなイラストでラジオ収録風景を描写。「ババアと言われて大爆笑 自由とリスナーを愛するラジオ局の秘密に迫る」と挑戦的なコピーも添えられた。  特集では伊集院光の「ラジオにはチャンスしかない、僕にとってはね」、久米宏の「今だからわかるラジオの『本質』」と題されたインタビューを紹介。またTBSラジオ編成局制作部長の三条毅史とTBSラジオプロデューサー・橋本吉史による対談「常に変化を遂げてきた歴史を往年の番組表から振り返る すべて『ストリーム』から始まった」も掲載され、貴重な情報やエピソードを読むことができる。  ほかにも「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」の宇多丸×漫画家・しまおまほ、「JUNK 山里亮太の不毛な議論」の山里亮太×構成作家・セパタ…

2017/10/24

全文を読む

関連記事をもっと見る

ケトルVOL.39 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Mayumi Hoshino

radikoのタイムフリー機能や、配信サービスのラジオクラウドといった聞く環境の発達もあって、以前ほどリアルタイムでは聞かなくなっているけれど。TBSラジオが好きなんです。こんな特集、見逃せるわけがありますまい。私の一番好きな番組をブルータスの編集長が絶賛しておられて有頂天。午後一時台の番組の変遷と挑戦の話は面白かったし、大沢悠里×ジェーン・スー対談も興味深かった。ああ、ほんとにありがとうございます、この企画。それにしてもマムシさんの「ババア」の起源はそういうことだったとは…。

2017/10/30

MonoWaTameshi

面白く読んだ。ただ、おそらくなのだけれど、TBSラジオ好きが知りたいのは「このレベルの話」じゃない気がするのだけれど、違うかな。それに誰もが思っているだろうことは、「番組のチョイスはこれでいいのか」だよね。まず何より「菊地成孔の粋な夜電波」がないし、「東京ポッド許可局」もない。「ケトル」と親和性が高そうな番組をなぜ外したのか、謎。しかしともかく単なる「ラジオ特集」ではなく「TBSラジオ特集」としたのは英断。パート2を熱烈に希望する。

2017/10/30

go

ラジオが大好き!じゃなく、TBSラジオが大好き!だったから購入しました。後から振り返っても今がTBSラジオの黄金時代になると思います。

2017/11/23

Ayato Yano

TBSラジオっ子にはたまらない一冊

2017/11/12

上田

伊集院さんにアルコ&ピースさん。サイコーでした。雑誌はいつも捨てるのですが、これだけは取っておきます。

2017/11/11

感想・レビューをもっと見る