読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

8月のソーダ水

8月のソーダ水

8月のソーダ水

作家
コマツシンヤ
出版社
太田出版
発売日
2013-05-16
ISBN
9784778321895
amazonで購入する Kindle版を購入する

8月のソーダ水 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mocha

海、空、ラムネのビー玉、シーグラス・・きれいな青で彩られた優しくファンタジックな世界。歩く灯台のお話が特に好きだった。併録の「うわのそらが丘」もとてもかわいらしい。絵もストーリーもきっちりカッチリしてなくて、すうっと胸に染み込むような気持いい本。心を鎮めたいときの、とっておきの青。

2020/06/18

ばう

★★★★ウン10年も生きてきて最近気づいたのですが(遅すぎ)私は実は水色好きなのです。財布も眼鏡ケースも、ハンカチも洋服も箸箱も何でもかんでも選ぶ物全て水色と言っても過言ではありません。そんな私にぴったりの1冊を読友さんのレビューで発見しました!全編水色の世界のこの漫画は正に私の為の一冊です。海辺の街に住む女の子の周りはいつも不思議がいっぱい。爽やかで夢のような世界が描かれています。もう夏が終わってしまったけれどこれは毎年夏に読み返したいな。大切な一冊が出来ました。

2015/09/20

ばう

8月も今日で終わり。台風一過、今日はもう既に暑い!そんな日にはこの本が一番です(*^^*)は〜、読んでるだけで多少は涼しくなれました。そして何だかラムネが飲みたくなります。

2016/08/31

キリ

『海のびんづめ』『風の旅人』『まぼろしの街』『灯台の散歩』『海迎えの日』『月の帰還』「うわのそらが丘より」を収録。空・海の爽やかで綺麗な青をオールカラーで見られるのが嬉しいです。話の中に出てくるラムネのビー玉・海珠(かいじゅ)で出来たバイオリンも綺麗で素敵です。青や海が好きな人におすすめしたい一冊です。同時収録のうわのそらが丘よりも遊び心あふれる話や少し幻想的な話もあって面白かったです。

2017/04/21

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯

先月読んだ『つるまき町夏時間』に続いて、8月になったら読もうと思っていた『8月のソーダ水』。前ページカラーイラスト。繊細な線、家々の色、灯台の色、帽子の色の白、海の色、空の色、水の色のブルーが美しく、夏に読めば目にも涼しい。ラムネの中のガラス玉、居眠りの町、歩く灯台、月と海が近づく日、傘で旅する人……どの話も少し不思議で、夢の中にいるようなこの物語の世界に入り込みたくなる。大好き!!

2017/08/14

感想・レビューをもっと見る