読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

春風のスネグラチカ (F COMICS)

春風のスネグラチカ (F COMICS)

春風のスネグラチカ (F COMICS)

作家
沙村広明
出版社
太田出版
発売日
2014-07-10
ISBN
9784778322342
amazonで購入する Kindle版を購入する

春風のスネグラチカ (F COMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mt.gucti

後半にかけての盛り上がりが凄い。殺されそうで危うくて、心配だったけど、黄門様ご一行はやはり無敵。史実を知らないとかえってリアリティーがあって、かなり印象的でした。

2016/07/03

ちゃりんこママ

革命期のロシア、ロマノフ王家の謎がテーマらしい壮大なドラマ。両足義足の姉と片眼の弟の行く末を追う。宿命を身体の欠損として描き、意志貫徹の為なら拘束感や性的な屈辱にも耐え、知性と判断力を失わない。それが人としての「尊厳」だと、作者のメッセージを受け取る事にしよう。ただ「ハーレーの馬車」でも感じた事だが、痛々しい少女の描き方には作者のフェティシズムを感じる。露悪的に自分の才能で読者を翻弄したいらしい。性交渉が度重なって相手に情が移る…この作品では止めて欲しかったかな。

2014/08/28

gelatin

★★★★(★) 帝政ロシア崩壊の頃の史実を上手い具合にフィクションとからめてあって面白〜い!この、くそかっこいい(失礼)表紙に象徴されるように沙村広明の絵の渋さが際立つ一冊。美少女を美少女として、おっさんをおっさんとしてきちんと描ける漫画家は貴重だ。最後の人物紹介、あとがきも面白かったのでぜひ。おじツン。

2014/07/20

ひびつき

車椅子と隻眼の二人、このタイトルに惹かれて。全編に流れる陰鬱とした冬、帝政ロシアの史実をベースに進む謎解き、男女二人の不可解な行動が明かされていく。鋭く深いその視線に釘付けになる。運命はいつもなんて過酷で、残酷で、晴れ晴れとまっさらな未来を明け渡す。

2014/10/13

眠る山猫屋

ブラッドハーレーを連想していたので、手を出しあぐねていたのだが、失敗でした。こんなに興味深く面白いとは!!主人公がビエールカから次第にシシェノークに代わる展開にも驚かされたけれど、一番驚かされたのはミハルコフさん、あんたにだよ!こんなツンデレ、嫌いになれる訳がない(苦笑)他にもビエールカの御父様とか女性テロリストさんたちとか、ロシア変動期って興味深い人物たちが沢山いたんだなぁ。そして沙村さん、なんて素敵な幕引きなんだろう。

2015/03/13

感想・レビューをもっと見る