読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ピコピコ少年EX

ピコピコ少年EX

ピコピコ少年EX

作家
押切蓮介
出版社
太田出版
発売日
2019-05-18
ISBN
9784778323004
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

どこまでも、ゲームと一緒。
記念碑的ゲーム青春グラフィティ、奇跡の復活!

●冗談じゃねーっつーの!糞袋脱却!! 「脱却少年」
●ついに自分の部屋に筐体がやって来た「アストロ中年少年」
●中1からの親友・山田君との現在…「ピコピコ中年少年」
●ゲーム脳のまま38歳で車に挑戦「中年運転免許取得少年」
……などなど、どこまでも実話です!!

<単行本特別収録>
●自らの心象風景を静謐に描いた名篇「ー海へー」

ピコピコ少年EX / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

「ハイスコアガール」が好きな押切蓮介さん。彼の私小説的な作品「ピコピコ少年」の最新作。押切さんと私は同世代。特に親近感を持つのが怒りをエネルギーに変えること。そして何故か誤った選択をしてしまうこと。大学のサークルで選択を誤ったと思いつつ意地で乗り切り、就職も長い目で選べば良かったと思いながらも身体を壊すまで働き、身体を壊した状態で判断した結婚も誤りで離婚する。それでも自分の人生なので責任を背負い生きていく。元気になった今は正しい選択をしたい。そして、がむしゃらに生きる。押切さんも頑張る。だから私も頑張る。

2019/07/29

kanon

最新作が読めるだけでもう幸せということを前提に感想を綴る。まずアトラス制作の両作品、個人的にプレイしていて大好きだったので最高に私信だった。山田の話は、本当に押切先生と同じ対応をしてしまう存在が身近にいるので、共感しかしなかった…そいつとは半年に一度会うだけで良い、みたいなことをずっと言っていたんだけど、違うんだな。本当は会いたくて、一回離れると安心するためにまた会いたくなる、まあ中毒みたいなもんだ。何だかんだ好きなんだろうな。大事にしていこうと思った。

2019/05/23

yakinori

悔しさや怒りが原動力となっていた日々。そして、そういったことに煩わされることなく暮らす現在。それは、抑え込まれた作家としての不安との共存。ファンとしては心配ではあるが、描けと言われたものだけ描いている作家には成り下がらず、こうして本心を作品として吐露している姿は今までの押切スタイルと変わらない。お友達の山田さんには是非そのままの下衆っぷりで、先生のモチベーションを上げていただきたい。

2019/07/28

ナイタロー

 今までとはガラリと作風が代わり、自身の悩みが猛烈に全面に押し出されている1冊。これはこれで面白いのですが、是非ともこれを次の巻では乗り越えていただきたい所…。

2019/07/27

ほいっぷしゅー

少年時代のエピソードがほぼゼロになるが、表紙がすべてというか、おっさん(中年)になってもピコピコし続ける……。そんなイメージですな。

2019/05/30

感想・レビューをもっと見る