読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アイデンティティと社会意識―私のなかの社会/社会のなかの私 (叢書現代の社会学とメディア研究)

アイデンティティと社会意識―私のなかの社会/社会のなかの私 (叢書現代の社会学とメディア研究)

アイデンティティと社会意識―私のなかの社会/社会のなかの私 (叢書現代の社会学とメディア研究)

作家
矢田部圭介
山下玲子
出版社
北樹出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784779303135
amazonで購入する

アイデンティティと社会意識―私のなかの社会/社会のなかの私 (叢書現代の社会学とメディア研究) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

センケイ (線形)

あるかたの査読の論議のことを忘れて読めば、統計的なデータも豊富で学びがある。ネット空間、犯罪といった個別のテーマにおけるアイデンティティという話はこれまであまり思いつかなかったので、アイデンティティが多元的に構成されるということが実感できて面白い。他にも、一聴すると個人に関わることが、集団や歴史の中で生まれてきているのだと分かってくる。そういう意味で、小ぶりの本だがなかなかの密度を楽しめる。

2019/10/21

感想・レビューをもっと見る