読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

前略、高座から--。 柳家三三

前略、高座から--。 柳家三三

前略、高座から--。 柳家三三

作家
柳家三三
出版社
三栄書房
発売日
2020-11-24
ISBN
9784779642609
amazonで購入する Kindle版を購入する

前略、高座から--。 柳家三三 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

『男の隠れ家』でのこれまでの三三さんの連載をまとめたもの。5年くらい前からつい最近のものまで。コロナ禍に入ってからのものもある。図書館でまとめ読みしたりしてたけど、2月からはそれもままならず…だったので、嬉しいな。今まで高座でまくらで話されてた事が多く、知ってるもん!というら気持ち半分の読書。ちょい厳しいことを言うと、これ、三三さんを聴かない人が読んで面白いのかな。高座のまくらなら、誰でも笑える話なのに、文章になるとちょい優等生ズラが出ちゃってるかも。でも、愛してます。噺すと、ほんと、いいおとこ。

2020/12/02

ミサ

率直だけど、柔らかいお人柄が出る文体で温かい印象のエッセイ。三三さんの事、落語界の事、日々のささやかな事が綴られて、落語ファンじゃなくても楽しめそう。「耳障りがいい」ではなく「耳あたりがいい」って表現する所、さすが言葉のプロ!改めて大好きな噺家さん!そして、明日2/13は神戸で三三さん(さんざさん)の独演会なのだ〜。楽しみ!!

2021/02/12

funkypunkyempty

★★★★ なんだか高座の三三師が語りかけている感じがする。あっという間に読めたが、何年かしたらまた読むだろうな。強い主張もなく淡々と進む文章はエッセイ集として良かった。

2020/12/06

Go Extreme

芸人は高座でしねれば本望だけれど・・・ 始まれば終わる→夏休み 想定外だった素朴な疑問 噺家の数だけ、かたちは違う 冬とは、あきらめの季節なり この瞬間が貴重で大切な経験となる 噺家のそばあるある 雨が連れてきたおまけ 唯一無二の透明感 

2021/01/09

はなちゃん。

柳家のわんこそばの話は、大爆笑

2021/01/14

感想・レビューをもっと見る