読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

石の綿―マンガで読むアスベスト問題

石の綿―マンガで読むアスベスト問題

石の綿―マンガで読むアスベスト問題

作家
神戸大学人文学研究科倫理創成プロジェクト
京都精華大学機能マンガ研究プロジェクト
竹宮惠子
松田 毅
出版社
かもがわ出版
発売日
2012-07-01
ISBN
9784780305432
amazonで購入する

石の綿―マンガで読むアスベスト問題 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カレーリーフ

読んでない。むしろ読めない。竹宮恵子氏が監修していることで期待して購入したのだが。手にしていて、表紙から中身から、どうにもレベルの低い、つまんないマンガのオーラが出まくっている。書き手が複数いて、たぶん学生たちで、どうにも商業マンガじゃない。ネット掲載とかにすれば良かったのに。アスベスト禍のことは、活字で読むよ私は。はあああ。

2012/11/19

rinkooo

1時間半くらいで読了。2012年発行なので少し古い本ではあるが、図書館ではもっと古い本も多く、知識の導入として読みたかったので借りた本。 年表の途中で特別エピソードが出てきたのだけど、他のページにエピソードを挟むのではダメだったのだろうか。2000年代の時系列に70年代のエピソードを挟まれて混乱した。 子供達が塵となったアスベストで遊んでいた時代・地域があると知ると心苦しくなる。咳で苦しんでいる方・苦しんで亡くなった方には原因が石綿だった方も相当数いるのだろうな。調べていた通り申請は煩雑なようだ。

2019/09/22

感想・レビューをもっと見る