読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アフガニスタン ぼくと山の学校

アフガニスタン ぼくと山の学校

アフガニスタン ぼくと山の学校

作家
長倉洋海
出版社
かもがわ出版
発売日
2014-10-10
ISBN
9784780307283
amazonで購入する

アフガニスタン ぼくと山の学校 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

D

厳しい自然と戦災の中にいきる人々。自分から見たら特殊な環境でも時間というものは進んでいく。普通に生きるということがこんなに美しいとは知らなかった。

2014/11/02

けんとまん1007

この本を読む前に写真集には目を通していたので、改めて、そのバックボーンがよくわかる。本当に厳しい環境にある。そんな中だからこそ、小さな子どもの頃から、生きていくための役割がある。家族全員で生きるための役割。それでも、少しずつ考え方も変わってきていることが嬉しい。支援ということのあり方についても、考えてしまう。継続こそ力。いまの自分たちの環境を考えると、いやでも、いろいろなことを考える。生きるとは?ものを持つことの意味は?ひとつのものへの感謝の気持ち。ここが大きな違いなのではないだろうか。

2015/08/15

ののまる

支援する側の方が、こども達にありがとうと言いたくなる。

2018/02/17

尾張こまき

写真家・長倉洋海さんの13年にわたる、アフガニスタンの学校支援の記録。飾り気のない淡々とした文章と、なにより活き活きした笑顔の子どもたちの写真が良いです。会員からの善意をきちんと届ける、特に出来るだけ物資を現地で調達するところがいい。知らない間に天引きされてる復興財源で海外イベントやって「クールジャパンで日本が儲ければ被災地にトリクルダウンするだろ?」みたいな話よりよっぽどええやないの・・・。卒業生のうち高校に進学した11人が大学に合格!みんなきっと日本のことを忘れないでいてくれるはず。

2014/12/24

みこよこ

写真家・長倉洋海さんが取材中に出会ったアフガニスタンの子どもたち。 戦争で家族を失った子ども。経済的に貧しく勉強する機会を奪われたり、宗教上の理由から女子が中途退学していくこともある。政府からの援助も十分ではなく、校舎にはドアもない…。でも、子どもたちはあふれる笑顔で勉強している。 アフガニスタンの山の学校を援助し続けた10年間の記録。

2015/02/20

感想・レビューをもっと見る