読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦争の時代と夏目漱石

戦争の時代と夏目漱石

戦争の時代と夏目漱石

作家
小森陽一
出版社
かもがわ出版
発売日
2018-12-21
ISBN
9784780309980
amazonで購入する

戦争の時代と夏目漱石 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Mitsuru Oosaga

研究者でもあり、九条の会の事務局長の小森陽一の本。漱石の書いた文章、小説を通して、彼の生きていた時代は戦争の時代であると読み解き、それに対して漱石はよく考えられた批判を新聞小説という形で書いていたと分析したもの。まさに目から鱗だった。おそらく漱石は半分くらいしか読んでいないので、全集があるので、きちんと小森の分析をそばに置きながら読み直したい。

2020/01/08

鯉二郎

漱石が生きた時代は日清戦争、日露戦争、そして第1次世界大戦と10年おきに大きな戦争があった。漱石はそれらの戦争をどうとらえ、小説や評論を書いてきたか。この本では作品が書かれた背景や、登場人物の境遇などを詳しく解説している。私は漱石作品を愛読しながらも、いかに読み過ごしていた箇所が多いことかと反省した。この本によって、漱石作品のより深い読み方が身についた。

2019/09/16

感想・レビューをもっと見る