読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

欲望問題: 人は差別をなくすためだけに生きるのではない

欲望問題: 人は差別をなくすためだけに生きるのではない

欲望問題: 人は差別をなくすためだけに生きるのではない

作家
伏見憲明
出版社
ポット出版
発売日
2007-02-01
ISBN
9784780800005
amazonで購入する Kindle版を購入する

欲望問題: 人は差別をなくすためだけに生きるのではない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

寛生

【図書館】恐らく初めての伏見さんの本。「命がけで書いたから、命がけで読んでほしい」というエピローグ。大学生向けの授業にいいと思う。丁寧に議論をされていているという印象は持つものの、どこかで畏れのようなものがあるんじゃないかと匂う(笑)。「少年愛者の『痛み』」とういタイトルで始まる本書は、自身の少年愛という欲望と法律・社会との関連性について言及しながらも、「ハッテン場」を「風俗」と呼び(153)、「共同性」という言葉がやたらに繰り返されている。ちょっと臆病すぎる。良書。

2014/09/09

みのくま

ゲイである著者が性的マイノリティを「差別問題」ではなく「欲望問題」として捉え直そうとする本書。欲望とは不満や痛みや欲求や理想を抱く事であり、社会が各人の欲望をできるだけ実現できるよう調整する事が望ましいと主張する。これが「差別問題」としてしまうと、差別の根源である性差の解消が目的となってしまうきらいがあるのだ。差別の解消は確かに重要ではあるのだが、性差そのものは自然であるためその解消には多大なコストが掛かる。と、要約してみたが本書の最大のポイントは、当事者主義の否定、脱正義によるマイノリティ擁護なのである

2019/02/11

まあい

2007年の本。セクシュアリティをめぐってネット上で日々行われている不毛な議論は、いまだにこの本の地平を越えられていない。賛否両論あるだろうが、いかに他者を説得して社会を変えるか、と考えるならば重要な一冊となるだろう。はっとさせられるところは多い。

2017/01/05

oko1977

筆者自身の運動半生を基に、自らの欲望を社会とどう折をつけていくかの問題を述べた本。本書はセクチュアルについてであるが、ネット社会がまずます進み、個人の発言力が高まっていくこれからにあたっては、個人の様々な欲望が社会と衝突していくとはますます増えていくと思う。そういったときに、豊かな社会にしていくための、発言者と社会側の行動指針としても一読にあたる。さすがに一線で長年運動してきただけあって、筆者の意見はバランスがとれていて現実味がある。

2008/02/20

v&b

個別の問題から広がりに出る。とっつきづらいが、最後まで読めば間口も広いはず。

2019/08/13

感想・レビューをもっと見る